結婚前にきちんと確認!家事能力のある夫になる彼氏の見極め方5つ

結婚前にきちんと確認!家事能力のある夫になる彼氏の見極め方5つ

結婚前にきちんと確認!家事能力のある夫になる彼氏の見極め方5つ

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

結婚したのに夫が家事を全然してくれないと悩んでいるのは、日本の女性くらいかもしれません。とある統計によると世界でも男の家事分担率が低い日本。働く女性の出生率も下がるなど望ましくないのが現状です。今の日本に求められるのは、家事能力のある夫。そんな夫をどうやって見つけたらよいのでしょうか。付き合っている彼がいる人必見、家事能力のある彼の見極め方をご紹介します。

 

先進国でも夫が家事をしない国、日本

 

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

経済協力開発機構(OECD)は2012年加盟国を対象に、夫婦それぞれの家事分担を、時間で表した調査結果を公表しました。1位はノルウェーで男3時間・女3.5時間で男女差が30分。夫婦がほとんど同じくらい家事を分担しています。日本は24位で男1時間・女は約5時間という結果に。日本は先進国の中で、夫が家事をしない国に該当します。つまり、「夫が家事をやらない」と悩むのは、世界的にみても日本ならではの悩みといえそうです。

 

家事をしない夫を持つと不幸せ?

 

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

調査から、家事が女性に偏りがちだとわかりましたね。そんな日本の女性は結婚した後、幸せを感じているのかどうかも気になります。NPO法人ファザーリング・ジャパンは、家事育児の分担割合が、夫婦関係に直結するかどうかを調査しました。その結果をみると、妻の分担割合が大きいと、夫婦関係における妻の満足度が低くなる傾向と判明。妻の年収とも比例し、年収が高いほど家事分担の満足度は低くなることもわかりました。

 

このことから、家事をしない夫をもつと、結婚生活に不満を感じる女性が多くなることが予想されます。特に結婚後も仕事を続ける女性にとって、家事のできる夫を選ぶことが、その後の幸せを左右するといえるでしょう。

 

家事能力のある彼の見極め方5つ

ここからは、実際に家事能力がありそうな彼を見極める方法をお伝えします。

 

1.「協力する」をうのみにしない

 

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

既婚女性の中には、結婚後に家事に関して夫に期待を裏切られてきたケースが多いのも事実。結婚前に「家事は協力するよ」なんて言っていた彼が、実際に結婚したら何もやらないという話はよくあります。言葉だけをうのみにして結婚をしてはダメ。やるよというのは誰でも言えますが、できる人はそれほど多くありません。絶対にやる人かどうかを見極めてから結婚しても遅くはありませんよ。

 

2.3泊以上のキャンプをする

 

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

普通の旅行ではなく、キャンプやバンガローなどに宿泊する旅行です。炊事や洗濯を宿泊者が行うタイプの旅行なら見極めるのも簡単。同棲も見極めるのに最適ですが、なかなか難しいカップルならキャンプがおすすめです。そこでは家事能力だけではなく、生きるための知恵も必要に。一緒に生きる人が、どれだけたくましく頼りがいがあるかも、キャンプをすれば一目瞭然。この時にガッカリすれば儲けもの。結婚してからガッカリしても手遅れです。

 

3.してもらった家事に感謝する彼か

 

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

家事を協力する意識がある彼なら、彼女のやってくれたことに対して感謝するはずです。たとえ家事の分担が妻に偏っても、夫が感謝してくれる人だったらまだ頑張れそうと思えることも。家事に負担を感じている女性の多くは、無報酬労働に対して何の報いもないことにガッカリしています。妻に感謝し、「今度は自分がやるよ」というように協力してくれる彼なら、今のスキルが低くても夫婦関係の満足度は高めになると考えられます。

 

4.ひとり暮らしの経験があるか

 

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

親元で暮らしているかそれとも、ひとり暮らしの経験があるかで、潜在的な家事能力が異なるといえます。ひとりで暮らしたことがある人は、いろいろなことに気づきやすいです。ゴミの日ひとつとっても、妻から言われないと気づかないようなら、妻のストレスもたまってしまいます。また一人暮らし経験者なら、一番手伝ってほしい「料理」を難なく手伝えるのは、妻にとってもうれしいポイントです。親元で暮らしていても、専業主婦を見て育った場合と、両親とも働いていた場合でも違いがあります。親が共働きのほうが、家事をやるイメージが湧きやすく、手伝うことに抵抗がない男性も多いでしょう。

 

5.相手を思いやっているか

 

結婚後に住む場所選びに悩む!都会or田舎?場所を決めるヒント

 

女性のイライラは、男が積極的に家事をしてくれないことにもあります。そのため妻の自由時間が減ってしまうのが現実。家事をする時、イヤイヤやるのではなく、妻を楽にさせてあげられるというように、思いやりからの行動ができればさらに〇。そんな思いやりにあふれた人かどうかも、見極めのポイントです。

 

さいごに

家事をしない夫に悩む人が多い日本。日本人どうしで幸せな結婚生活を実現するなら、夫の家事能力も年収などの条件と一緒に、考慮する必要があるといえます。できれば、夫と妻の家事時間の差は少ないほうが理想。偏りが大きいと、夫は幸せでも妻はそう感じていないという現実に。時間の差は夫婦関係の温度差に影響します。これから結婚する人は、彼の家事能力の見極め方も参考にしてみてください。